会長あいさつ
ホーム > 校友会概要 > 会長あいさつ

会長あいさつ

大阪産業大学校友会の皆様には、ますますのご健勝のこととお慶び申し上げます。
平素は校友会活動にご理解とご支援を賜り、厚く御礼申し上げます。


 私は、第74回大阪産業大学校友会通常代議員会において、第9代校友会会長に選任いただきました弓場修治(ゆみばしゅうじ)でございます。


 在学中は応援団団長をさせて頂き、母校には大変お世話になりました。クラブ活動で培った精神は今も私の原動力となっております。


 さて、平成29年4月1日現在の校友会会員数は、平成28年度の卒業生1,719名を合わせ91,043名となりました。支部は海外支部(台湾、韓国、中国)を含め39支部設置されておりますが、そのうち約30支部が毎年総会を開催され、活発に校友会活動が行われておりますことを大変喜ばしく思っております。


 校友会もあと3年で50周年を迎えます。私は任期中の3年間、何事も続けてきたから継続するというのではなく、今の時代に合っているか、そして会員の皆様に理解が得られるか検証し、変えるところは大胆に改革する、「検証と改革」をテーマに運営してまいりたいと思っております。


「運営方針」

  1. 1. 会費減収による財政・活動内容の見直しと改革
  2. 2. 会則・規約の検証と改定およびそれに則った組織の運営
  3. 3. 人材の育成と組織の若返りを図る
  4. 4. 大阪産業大学の発展に貢献する

以上、役員一同、全力で取り組んでまいります。


また来年、大阪産業大学は、学園創立90周年という節目の年を迎えるにあたり、記念事業の募金活動を平成29年4月1日~平成31年3月31日まで実施しております。母校の発展のため、皆様のご協力を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。


 最後になりましたが、会員の皆様のご健勝とご多幸を祈念申し上げまして、ご挨拶とさせていただきます。

  • 平成29年5月27日
  • 大阪産業大学 校友会
  • 会長 弓場 修治(S55経営)

ぺージの先頭へ戻る