OB紹介
ホーム > OB・OG紹介 > カナダで自然と共に生きる大西健司さん(H19土木)のご紹介

カナダで自然と共に生きる大西健司さん(H19土木)のご紹介

すべての人に無限大のチャンスがあり、世界は広い!!

 

00kanada-oonishi.jpg     

   幼少の頃から自然が好きで「将来は自然の中で自分でログハウスを建てて、ゆっくりと暮らしたい」という夢を叶えるべく、工業高校に入学し、産大では土木工学科を選び、測量や設計を学びました。

カナダでスローライフ

大西健司 さん
(H19年度 土木工学科卒)

 

         onisisusi.JPG

 

 

   今回は、工学部土木工学科を2008年3月に卒業されました、
   大西健司(おおにし けんじ)さんをご紹介します。

 

◆ 職 歴

   卒業後、日本振興株式会社に入社し、ダムや橋の設計や測量をしました。約1年で退社し、その後はカナダに移住し夢を叶える為、大工の修行をしながら寿司職人として生計を立てています。

 

◆ 学生時代

   幼少の頃から自然が好きで「将来は自然の中で自分でログハウスを建てて、ゆっくりと暮らしたい」という夢を叶えるべく、工業高校に入学し、産大では土木工学科を選び、測量や設計を学びました。 先生との思い出といえば、3年の時に学内で原発のドキュメンタリー映画を上映してほしいとお願いし、フライヤーもポスターも集め、酷い状況にあると伝えたかったのですが叶わず悔しい思いをしました。楽しい思い出は、やはり多くの友人と出会えたこと(今でもメールでの交流があり、私の財産です)と、夏は海の家で、冬はスノボーをする為に雪山にこもりバイトをしていました。

 

◆ 運命的な出会い

   大学3年の時に一人でインドに旅行に行きました。その時点で留年が決まっていたので英語が出来るわけでもなく、行くあてがあるわけでも無かったのですが、時間だけはたっぷり有りましたので、全くの無計画でパスポートだけ持って行き当たりばったりの旅でした。インドで2週間ほど経った頃、タージマハールで日本人女性と出会いました。そして、旅行中なんと2度も街中や電車の中で、彼女と偶然に出会いました。運命的な出会いをきっかけに帰国後、交際しすぐに結婚、その7日後には会社を辞めて2人でカナダへ入国しました。

02kanada-oonishi.jpg

 

◆ なぜカナダ?

   ワーキングホリデーというチャンスが11ヶ国であったのですが、カナダにはウィスラーがあり、やはり自然がたくさんあるというのが1番の理由です。 そして、友人に誘われて行ったネルソンという町が、自然に囲まれていて本当の田舎って感じなのですが、そういう所こそ2人が求めていた場所だったんです。そして、この田舎町でログハウスを建て、オーガニックカフェを2人で切り盛りしながら暮らすのが共通の夢となり、日々、仲良く努力しています。 オーガニックにしたのは、人の体にだけでなく地球にも優しいからです。自然が大好きな2人だから、すべてに優しいオーガニック食品を育て、僕らのカフェを通じてお客さんどうしも仲良くなって、みんなでゆっくりと幸せに暮らしたいです。 お店のコンセプトは「体にも人にも優しいお店」です。

01kanada-oonishi.jpg

 

◆ 趣 味  

   スノーボード、カヌー、剣道(2段)

 

◆ 後輩の学生達に一言  

   後輩に、「すべての人に無限大のチャンスがあり、世界は広い」ということを伝えてほしいです。

 

 
   これからもますますご活躍されることをお祈り致します。
 
( レポ-タ-:IT部 奥田 淳一 )

ぺージの先頭へ戻る