OB紹介
ホーム > OB・OG紹介 > 「ATELIER M」天神里佳さん(H9環境デザイン)のご紹介

「ATELIER M」天神里佳さん(H9環境デザイン)のご紹介

自分が仕事を楽しむことが、

お客様の喜びにかわる!!

 

ATELIER M 代表 天神 里佳        マンション・戸建のリノベーションを中心に、店舗やクリニック、オフィスなどのデザイン設計、外溝デザイン、看板デザイン等を、施工も含めお伺いします。大掛かりな工事ばかりではなく、日常のちょっとした困りごと修繕のリフォームにも、しっかりとしたご提案を盛り込みます。また、おのずと必要になる家具やカーテンはもちろん、店舗等ではショップカードやフライヤー、チラシ、名刺等のデザイン・制作も空間にそろえてご提案させていただきます。全てはトータルに。お客様にどうすればご満足いただけるか。をモットーに取り組んでいます。

ATELIER  M
代表

天神里佳 さん
(H9年度 工学部環境デザイン学科卒)

     ATELIER M

 

 

   今回は、工学部環境デザイン学科(現:デザイン工学部建築・環境デザイン学科)を1998年3月に卒業され、大学院工学研究科博士前期課程環境デザイン専攻に進学、2000年3月に修了されました、天神 里佳(てんじん りか)さんをご紹介します。

 

◆ 職 歴

 大学院卒業後、環境デザイン学科非常勤助手を5年間務める傍ら、住宅インテリア事務所に2年、建築デザイン事務所に3年務め、その後1年間の独立準備期間を経て、29歳でATELIER M を共同設立。 2年後、ATELIER  Mとして完全に独立。2010年に工務店Y'sLineと提携し、Y'sLine +ATELIER Mとしてのフィールドを拡大中。

 

s-Y+M HP写真.jpg

 

Facebook

s-FBロゴ.jpg

 

◆ 仕事について

  仕事は常に人とのつながりで広がっていると感じています。  不思議とよい方達に出逢い、人と仕事に恵まれて進んでいます。自営業で仕事をする以上「儲け」も大切なことですが、常に心を込めて仕事をしていれば、おのずとお金もついてくるような気がします。

ですから、気が緩めば稼ぎも比例して緩みます。また稼ぎは自分が社会にどれだけ貢献したかの評価だと捉えています。収入が落ちた月は、社会への貢献も少なかったと、反省です。 

あとは、息子に堂々と見せられる背中でいること。を心がけています。

 

teaser4.jpg

 

w1.jpg

リフォーム

rino.tubouti1a.jpg

リノベーション

resuturan11a.jpg

店舗

     

IMG_1443.jpg

外構

imaichi.jpg

新築・モデルハウス

nobu_A082.jpg

看板

irone.jpg

分譲企画「色音の街」

―原風景をココロに―

「無理はない」

必ず今の思いをカタチに

する方法がある。

それが造り手としての信念です。

 

リノベーション

加西市 K邸

増築を繰り返し、間取りももとより躯体のつながり自体が乱れている旧家の部分改修。3世代が暮らす、賑やかであたたかな大家族の家には、物も大量に溢れていました。家族が集うLDKは北側に並び、日当たりも悪く、水廻りも間取りの加減で非常に狭狭しく、とても寒い!

リビングは使用していない上層とつなぎ、高所からの採光を。
ダイニングには大家族でも十分な収納を配置しました。水廻りも間取りを整理することで広々とし、収納も取ることが出来ました。
子供たちがのびのびと走り回り、暖かくお風呂も楽しんでいただけるおうちへ変身。

After

Main Photo.jpg

Befor

02リノベK邸.jpg

明石市 T邸

観賞魚がお好きなご夫婦の新居。アクアリウムハウスをテーマに、お手持ちの水槽を、リビングと洋室の両側から眺められるような家に。
ごく一般的な3LDKのマンションの一室が、大変身しました。

03リノベT邸.jpg
01リノベT邸.jpg 02リノベT邸.jpg
Main photo.jpg 04リノベT邸.jpg

明石市 Y邸

増築を繰り返した家を、二世帯住宅へ。

日当たりが悪く住環境として成立しなかった部分に、既存の窓から最大限に家じゅうに光を取り込むことに成功。
吹き抜けは光を運び込むだけではなく、家族のコミュニケーションも生み出し、楽しい生活が送れているとのお声を頂きました。

After

y-Main Photo.jpg

Befor

y-01リノベY邸.jpg

店  舗

神戸市中央区 Bar彩

古木を使った暖かな空間を。古木の味わいを楽しんでいただけるように、いろいろな形で配置しました。彩食兼美をめざし、あたたかな空間を演出するために、エントランスにある光の壁がこのお店の最大のあかりになっています。

 aya-Main Photo.jpg  04彩.jpg
 02彩.jpg  03彩.jpg

神戸市西区 Hair Station  TORICo.

老若男女、みんなに気軽に来てほしい!!そんなとてもフレッシュなオーナーさんのホットな思い。TORICo.は、トリコロールの意味。様々な色を生み出す「原色」は様々なお客様。お客様に来ていただいて初めて自分の力が出せ、自分が成長していける。そのことでまたお客様に喜んでいただける。そんなあたたかなお店には、ソフトな素材・ハードな素材をまぜこぜに使用しました。そっと優しく差し込む光を床に落としてみたり、躯体のコンクリートそのものに木を突き合せてみたり。様々な表情を見せる。この空間もTORICo.として存在できるように。 

toriko-Main Photo.jpg 01トリコ.jpg
02トリコ.jpg 04トリコ.jpg

神戸市西区 かしわ亭

しなやかで、ゆらぎのある味わいと食の愉しみを。

そのイメージを店舗に反映したいと、黒竹をふんだんに使用し、空間にゆるやかな隔たりと揺らぎを与えました。人や風の動きでゆらぐ竹。竹がゆらぐことで奏でられる音。

食と一緒に五感でさまざまに楽しんでいただける店です。

外には、同大学OBで同期のだるま商店さんに食の愉しみを表現した絵を描いていただきました。 

kashiwa-Main Photo.jpg 04かしわ亭.jpg
02かしわ亭.jpg 03かしわ亭.jpg
   
◆ 大学時代の思い出

  とにかくよく遊び、よく学びました。 普通の大学生活とは違うかもしれませんが、3回生・4回生は日々大学にみんなで泊まり込み、課題 を評価しあったり、建築についてセッションしたり、将来のことを語り合いました。 

  長期休暇はオープンチケットだけを握りしめて、バックパッカーで宿泊先も決めずに海外へ飛び出して、砂漠を駆け抜けたり、憧れの建築を巡ったり。国内でも車で北海道一周をその日暮らしでトライしたり。その先々での出会いや刺激、経験が今の仕事にも大きく生きています。

  また、恩師と一緒にゼミ旅行もたくさんしました。3か月に1度は、修学旅行のような。行く先々で先生から建築の解説を頂ける、とても贅沢な旅でした。

 

 

◆ 大学や校友会に望むこと

  現場の声。将来の自分像。いろんな未来があるんだよ。という希望を受験生や現役大学生によりリアルに伝わるといいなと思います。

logo_faculty.gif

大阪産業大学 

デザイン工学部 建築・環境デザイン学科の

ホームページです。

「卒業生の声」を覗いてみてください。

いろんな未来を切り開いているOB・OG達がいます。

 

◆ 趣 味  

  息子と遊ぶこと。仕事。旅行。写真。ドライブ。買物。 

    

 

header_logo.gif 

 
   これからもますますご活躍されることをお祈り致します。
 
(取材協力:兵庫県東支部 支部長 山田 卓雄)
( 記事編集:広報事業部 森本 勉 )
  • 支部一覧
  • 凡友
  • 卒業生の会員登録フォーム
  • OB・OG紹介
  • 現役紹介
  • 大阪産業大学
大阪産業大学開学50周年、校友会設立45周年記念広告

ぺージの先頭へ戻る