OB紹介
ホーム > OB・OG紹介 > 古川幸雄さん(S53年度経営学部 経営学科卒)のご紹介

古川幸雄さん(S53年度経営学部 経営学科卒)のご紹介

開催日:
2015年5月29日
開催地名:
株式会社 ヒューマンコミュニティ
開催住所:
大阪市中央区久太郎町2-5-31 本町寺田ビルディング

詳細

 

『主役は人』 『人は財産』 『人は力』

~大学の格差にもめげず、社長として20年以上頑張っています~

 

古川さん3sss.jpg

「株式会社 ヒューマンコミュニティ」

「株式会社 ソレイユ」

「株式会社 アイエヌジー」

代表取締役

古川 幸雄 さん

S53年度

経営学部

経営学科卒

一般労働者派遣事業

有料職業紹介事業

通所介護事業

訪問介護事業

居宅介護支援事業

会社名2s.jpg

 

 官公庁、日本郵政、大手企業、中小企業多数に人材を派遣しています。

又、介護施設も運営しています。

裸一貫で何もないところから会社を起こし、

創業以来、毎年黒字経営で赤字の年は一度もありません。

帝国データバンクでも高い評価点を戴いている優良企業となりました。

 

職歴について
 

大学卒業後、何度か転職しましたが、30歳を過ぎてから自動車のホンダに入社。入社3年以内の2000人中、トップセールスを記録。名古屋の東急ホテルで表彰され、その営業手法はマニュアル化されました。具体的には来店されたお客様とのコミュニケーションを大切にし、お店にいてもらう時間を長くすること(笑)。ただ、どんな仕事でもそうですが、しばらくすると「自分はこのままでいいのだろうか?」という疑問が出てくるんです。それで人材派遣会社に自分を売り込みに行ったのですが、そこで新会社(派遣会社)の社長にスカウトされました。粗利の意味も知らないまま社長になり、実績も上げましたが、自分で会社を起こしたいと思うようになり、出資者を見つけ、当初は共同経営として会社をスタート。その後、分社化してオーナー社長として独立、現在に至ります。

古川さん4s.jpg 古川さん5s.jpg
  仕事について
  従業員数は派遣も含めると1日平均2000人です。「人は主役」をテーマに「働かせてやってる」のではなく、「働いていただいて会社が成り立つ」と考えています。実際、中小企業などは人材不足で困っているところが多く、依頼は沢山いただきますが、スタッフを派遣して終わりではなく、むしろ派遣してからが勝負。スタッフに対するフォローはもちろん、派遣先に対してもアフターフォローを大切にし信頼関係を築いてきましたので、お得意様は長いお付き合いのところが多いです。利益が少なくても「困っている」と言われたら引き受けてしまう、スタッフ全員にそんなところがあります。

会社の皆さん2ss.jpg◆幹部ミーティング

古川さん6ss.jpg
pマークs.jpg

  ◆プライバシーマーク(Pマーク)について

  Pマークは個人情報をきちんと扱っている会社のマークで、

  派遣会社8万社中、数パーセントの会社しか取得していま

  せん。2年毎に調査があり、その分費用もかかりますが、

  役所等はPマークがないと入札参加できませんから、目に

  は見えない強み、売りになっています。

 ◆ 大学時代の思い出
 

アルバイトばかりしていたので、テストの時期が大変でした。テストで困った時の夢を卒業後も10回近く見ています。ゲームセンターやミナミのキャバレーなど色々なアルバイトをしましたが、その時の接客経験が今の営業の肥やしになっています(成約率が高いので今でも営業スタッフとしての名刺を持ち歩いています)。私は、「カリスマ営業マン」と言われた営業力とこのキャラでここまで来ましたから(笑)。

 ◆ 趣味について
  趣味はマラソンです。もともと高校の陸上部で中距離(1500m)を走っていました。今までフルマラソン完走46回、100Kmウルトラマラソンを2回完走しました。58歳で大阪では年間ランキング2位。「ランナーズ」という雑誌にも載っています。
雑誌s.jpg ゴール2s.jpg 掲示板s.jpg
 ◆ 大学、校友会に望むこと
  大学のブランド力をあげて欲しいですね。社長として20年以上やってきましたが、悔しいことに大学の格差を感じることは時折あります。自分自身の経験では、就活時に受付さえしてもらえなかったり、出身大学で人を見る人もいますから。ただ、そういう人に対しても産大出身であることははっきり伝えます。「あなたには負けませんよ」という気持ちがあるからです。「悔しい」を「なにくそ」というパワーに変えているのも事実です。
 ◆ 編集後記
  会社の税理士さんからも「古川社長は敵を作らない人」と言われているそうですが、古川さんは誰に対しても低姿勢で穏やかな方でした。ご自身も「社長だからといって威張るのは嫌い。スタッフに対しても悪い時は怒るけど、できるだけ諭すようにしている」とのこと。そして辛い時も常に笑顔で前向きにやってこられたそうです。取材中、豪快に笑われる様子は、古川さんのお人柄がとても良く表れていたように思います。
取材・記事:広報事業部 神馬 克之
勝 信義
  • 支部一覧
  • 凡友
  • 卒業生の会員登録フォーム
  • OB・OG紹介
  • 現役紹介
  • 大阪産業大学
大阪産業大学開学50周年、校友会設立45周年記念広告

ぺージの先頭へ戻る